自由の国ラリディア

自由の国 ラリディアの街

この街での冒険者の立場は、

共有舞台の街ルールと説明

舞台の設定とブランブルグとの違い

にてご確認ください。

目次

概要

大陸で唯一“自由の神”ラーリスの信仰を公認しており、「自由の国」とも称せられる。

40年ほど前に建国王が商業ギルド、盗賊ギルド、暗殺者ギルド、ラーリス神殿などの有力組織によって擁立され建国された。

国政の実権はラーリス教団“闇の法皇”ベルベットと暗殺者ギルドに握られており、現在の国王は傀儡となっている。

国を牛耳る有力組織が自分達に都合の良い法律を乱発したために、「自由に生きるのも、束縛するのも、自由である」という法律がやたら多い国となっている。

肌の色が黒い“ダークエルフ”と呼ばれる、エルフの亜種が存在している。

存在する組織・団体

詳しい説明とコネは、共有舞台の街ルールと説明のページを参照してください。

職能ギルド

商業証

教団

ラーリス教団
※ラーリス以外の第二の剣は公認されていません。

賢者の学院

盗賊ギルド

暗殺者ギルド

冒険者ギルド

ギルドでの地位とコネクションに関して

PCは、特定の条件によってギルドの会員になる事が可能です。
各GMは、PCの申告があれば、その地位を使用する事も考慮して下さい。

冒険者の店

ここで紹介した店以外にも、各GMで設定ください。

黄昏の惑い亭

1階が店舗兼酒場となっており、2階が宿屋になっている。
各種ギルドから合法な依頼から、非合法な依頼まで様々な依頼が来る店舗である。

施設

ラーリス大神殿

大陸で唯一公認されているラーリスの神殿。

他の神の神殿と比較しても、かなりの勢力を誇っている。

禁忌の図書館

他国で焚書される様な内容の本が蔵書されている。

種族

ダークエルフ

NPC

NPCの設定を大きく変える場合は、初出のGMに確認をしてください。

ラーリス神殿

“闇の法皇”ベルベット

  • 設定者 レッドGM
  • 人間/男性/57歳
  • 一人称:私/二人称:その時々
  • コネクション:100/200/400
  • その他の関係組織 盗賊ギルド
  • 大陸唯一のラーリス大神殿の長。
  • ラリディア建国の際に神官として活躍したが、裏では暗殺や呪術で敵対する者を排除してきた。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-18 (木) 11:36:23 (61d)