GMローカル

目次

【傾向】

 基本的にノリが軽いものが多いです。
 卓の詳細欄をよく確認してください。

【採用レギュレーション】

  • SW2.5レギュレーション
     詳しくはサイトルールを確認してください。
     禁止事項等はサイトルールに準じます。

【選考について】

採用優先度

 回復枠>スカウト枠>セージ枠>前衛>後衛
 となります。

特定のPL・PCの優先枠

 一部の例外を除き基本的に優先枠はありません。
 上記の優先度と、ダイスに基づき選考させて頂きます。
 ただ、ダイス選考によってパーティのバランスが悪くなった際には、ある程度の調整をさせていただきます。

【ローカルルール】

使用するルールブック及びサプリメント

ソード・ワールド2.5 ルールブックⅠ・Ⅱ・Ⅲ

  • この三冊を基本ルールとします。

ソード・ワールド2.5 サプリメント

  • 適用するサプリメントは以下の通りです。
  • 【エピックトレジャリー】【モンストラスロア】【メイガスアーツ】

ソード・ワールド2.0 関連

  • 種族のみ使用を許可します。ソード・ワールド2.0のみの種族に関しては、入室時の説明と、キャラクターシート上への種族特徴説明の記入を必須とします。

ダイスの振り直しについて

 以下の状況において、ダイスは振り直しを許可します。

  • 戦闘中、威力表と通常のダイスを間違えて振った場合。
  • 魔法の行使判定のみ振った時、拡大対象を間違えた場合。

 それ以外の状況では、ダイスの振り直しを許可しません。
 また、上記の振り直し可能な状況であっても、ダイスの出目がピンゾロであった場合は例外として、振り直しをせずに、自動失敗したものとして扱います。
 なお、そのピンゾロに対する《運命変転》や〈奇跡の首飾り〉を筆頭とする振り直し可能アイテムの使用は可能です。
 《運命変転》を使用した場合では、行為判定なら自動成功、威力表であれば出目12として扱います。威力表の際は、SW2.5基本ルールブックの威力表を参照し、出目12に対応する値を追加ダメージに加えて、正しい威力表の振り足しを行ってください。この際、〈クリティカルレイ〉の効果は、既に発揮されたものとして扱います。

戦闘ルール

  • 一部例外を除き上級戦闘を採用します
  • 基本的に、熟練戦闘は採用しないものとします。

挑発攻撃について

  • 挑発攻撃Ⅱにおいて、対象の知能が「高い」、または知力B18以上であった時、挑発攻撃をを含めた範囲攻撃、範囲魔法の行使、その他範囲系特殊能力を使用した場合、挑発者以外への命中力判定、行使判定、その他特殊能力の判定において、達成値は-2されます。
  • また、挑発攻撃の対象は、「1体全」とします。

変幻自在について

  • 変幻自在でマルチアクションを追加宣言する場合、「先に近接攻撃をしなければならない」という制限を設けます。

インファイトについて

  • インファイトは一部位を対象としますが、例外として、同キャラクターの他部位の攻撃に対してもカウンターを宣言できるものとします。

ガーディアンについて

  • この特技は、「かばう対象」「かばうの総回数」の順に宣言するものです。「Aさんをn回、Bさんをm回」といった風に、対象毎に個別に宣言しないでください。

一部完封系の魔法について

  • 【スタンクラウド】などの行動制限魔法の使用は制限しませんが、使用前に他のPLに確認を取るようにしてください。もし使用した場合、GMも可能な限り本気でPCと戦います。

戦闘外のルール

  • テントを持っていない場合、野宿では安眠できないものとし、睡眠時間を1/2として回復を反映させます。六時間未満のテント無し睡眠をした場合、HPMPは回復しません。

魔物知識判定について

  • 戦闘中において、主動作での判定を許可します。
    その際、他の主動作における行動はできないものとします~。
  • 判定において基準値を超えた場合において、対象モンスターの信仰はわからないものとします。
    ただし、弱点を抜いた場合は、信仰が判明するものとします。
  • 戦闘外では、十分な情報が出たとGMが判断した場合のみ、魔物知識判定を行うことができます。この際、弱点は判明しないものとします。
  • 狩人の目は、対象とする魔物との遭遇時の魔物知識判定成功時のみで適応されます。
  • 全ての魔物知識判定において、自動成功した場合でも、自身の魔物知識判定の基準値から弱点の値が13以上離れていた際、知名度のみ突破するものとします。

GMオリジナルアイテムについて

  • 基本的に弊卓では戦闘時に使うようなオリジナルアイテムの配布は致しません。
    ただ、今後フレーバーアイテム等のオリジナルアイテムは作成する場合があることをご了承してください。
  • 他GMのオリジナルアイテムを弊卓に持ち込む際は、事前に相談してください。入室時の宣告は必須です。それらが無かったアイテムは、フレーバーテキストとして扱います。

GMオリジナルキャラクター

セイズ

(人間、19歳女性、ウィザード)
  田舎で生まれ育った豊満な乳を持つ少女。
 幼いころより王になる夢を何度も見ており、それが自身の宿命だと信じている。
 現在はブランブルグで冒険者として活動しており、実力をつける傍ら国民を募っている最中である。
 一緒に冒険した兵たちを(一方的に)国民として迎え入れている。
  【コネクション 50/100/150】
  Sheet:http://www.piyosword.com/sw25pc/view/6039

アグニ

(人間、29歳男性、グレンダール神官)
  グレンダールの剣として冒険者活動を行うが死亡。
 蘇生費用を支払うとができずにロストした。
 魚雷を全身に受けるというすさまじい死に方を経験したが、
 本人は過去を気にせず前向きに生きている。
  【コネクション 30/70/120】
  Sheet:http://www.piyosword.com/sw25pc/view/5909

オルドガルム

(ドラゴネット、85歳男性、中二病患者)
  かつてその若さゆえにリュトウ村にそこそこの迷惑をかけていた竜。
 困った村人たちの依頼によって訪れた冒険者たちと戦い引き分ける。(重要ポイント)
 現在では村人とも和解し、リュトウ村周辺を守護する者として活動を始めた。
 未熟者ゆえに失敗することも多々あるだろうがそれを乗り越えてこれから偉大なる竜へと成長していくだろう。
  【コネクション 50/80/150】
   初出セッション【☆4 竜の友】http://www.piyosword.com/sw2game/view/9521

GMオリジナル組織

エーテリアス商会

・商号   :エーテリアス商会
・創設   :結構前
・資本金  :520万
・本社所在地:ドーデン地方 キングスフォール
・創設者  :マナ・エーテリアス・アムブロシア
・従業員数 :746名
・事業内容 :生活アメニティ、美容品
・売上   :980万G

魔法王国ヴェリス(旧セイズの魔法王国)

・国号  :ヴェリス(VERIS)
・地理  :アルフレイム大陸 ランドール地方
・首都  :アドウェルゲオ村
・法制  :今後追記。
・元首  :セイズ・アレキサンドリア・ヴェリス
・皇族  :セイズ・アレキサンドリア・ヴェリス
・治安維持:アドウェルゲオ村警備隊
・経済産業:未定。米の輸出を検討
・交通  :不便

・魔動機文明時代の遺跡で暮らしていた住民たちが地上へ進出。村を築く際、セイズが指導者となる。(81名)
     関連セッション:http://www.piyosword.com/sw2game/view/9647

アドウェルゲオ村

 旧アドウェルゲオ研究所。
魔動機文明時代末期、蛮族の進行により外界と隔絶したまま300年余りを過ごした古い研究所。
そこで生活していた魔動機文明時代の末裔たちは遺跡を探索していたセイズ(http://www.piyosword.com/sw25pc/view/6039)と邂逅を果たす。
彼女と共に遺跡の外部に巣食っていたアンデッドを掃討し、ついに地上へと帰還した。
その後、遺跡の住人達の保護を約束するセイズに対し研究所の代表であったヴィルジールはセイズの庇護を受けることにする。
地上への出口付近に、かつての時代の村の名残を見つけた為その場を新たな拠点として「アドウェルゲオ開拓村」を発足することになる。
名産品は彼らが生活していた地下研究所の実験農場で収穫される米である。
実験農場故に収穫量が多くないことが悩み。
     関連キャラクター:ヴィルジール・レイモン・ファルギエール(トーゴーさん)
              http://www.piyosword.com/sw25pc/view/4698
     関連セッション:光は地底よりhttp://www.piyosword.com/sw2game/view/9647

・アドウェルゲオ警備隊
 旧アドウェルゲオ研究所警備隊。隊長はブレンダン・ガードナー。指揮官の警備隊長と次席指揮官の副隊長、4人編成の小規模な分隊4個の総勢18名からなる。
 主力はマギテックシューターで、その他に射撃部隊に肉薄されない為の戦士職、少ないながらも魔法職が配属されている。解析用に研究所に移設されていた魔法文明時代の訓練装置を用いて実戦的な訓練に勤しんでおり、特に連携しての戦いを得意とする。~
 本来の研究所警備隊は“大破局”の際に全滅した為、蛮族軍の再襲撃に備えて職員や避難民の中から有志を募ったのが現在の警備隊の始まり。
 そのまま数十年が経過し恐らく再び蛮族軍が現れることがないだろうと思われたものの、蛮族軍の置き土産であるアンデッド兵団が封鎖扉の先に居座り続けていることへの恐怖と、いつかそれらを駆逐して地上へ帰還したいという希望から治安維持には過剰な戦力を保持し続けていた。
 アンデッド兵団との戦いでもセイズ、ヴィルジールらと共に主力を担い、地上への通路を確保することに貢献した。
 現在は様々な脅威が蔓延る地上への警戒を重視しており、地上に2個分隊、地下に1個分隊、休養に1個分隊というローテーションを組んで活動している。周辺に巣食う蛮族などの情報を集めることにも熱心で、街にいるヴィルジール経由で情報を集めようとしている。
 なお、警備隊以外の研究所職員も子供以外は軍事教練を受けており、大半を占めるマギテックシューターならばゴブリン程度なら魔法の補助なく弾丸を命中させ、かつ味方に誤射しないだけの腕前を身に付けている。
(PL:トーゴー様より)

リュトウ村

 ブランブルグからほど近い、シュヴァルツヴァント山脈の麓にある村。
あるドラゴンの子供が住み着くことでそこそこの迷惑を被ったが現在は和解している。
ランドールに支店を置く商会の依頼で石鹸を作ることを生業として収入を得ている。
1か月以上かけて作る高級品と塩を使い大量生産する廉価版の2種類を作り、収めている。
最近は石鹸の香り付けとして花畑を開墾中であり、人手を募集している場所でもある。

その他

すぺしゃるさんくす  -しばさん


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-04 (土) 12:23:11 (45d)