魔境

“鳥獣の谷”ヴァハナ渓谷


“鳥獣の谷”ヴァハナ渓谷

場所

シュヴァルツヴァント山脈東部の南側、数多くの断崖がある自然道付近

概要

ガルーダを頭目としたアラクルーデル族が生活圏にしている場所であり、シュヴァルツヴァント山脈の南東側からグロスファング山を目指す際にルート選定の選択肢に入る要地です。
周囲には上下に断崖があり、上空には強い風が吹いています。
アラクルーデルたちは、切り立った断崖絶壁の横穴に巣穴を作り、崖の間を飛び交いながら狩猟に勤しみます。
アラクルーデルたちは、この付近を飛行する人族たちを何を優先しても攻撃するよう命じられており、無闇にこの近辺を飛ぶのは自殺行為とされています。
例え、飛行状態になくとも飛行騎獣を連れていたならば、力の差が明確であってもアラクルーデルたちは長射程武器や罠、地の利を使い、襲ってきます。
飛ぶ手段を持たない者たちに無闇に襲いかかることはありませんが、弱い人族と見れば略奪が目的で襲ってくることも多々あります。
断崖には乾燥地に強い様々な樹木、草木が生えています。
そのため、乾燥した山々にしか育たないこれらの希少な植物は、雨の多い山脈の北側では手に入らず、危険を冒しても赴かなければならない場所となっています。

地形

樹木がまばらに生えた断崖が頻繁に現れる未整備の登山道です。
上空には乾燥した強い風が吹き、山々で見られる動物や幻獣、そして蛮族が路行く獲物を狙っています。
それぞれの断崖の巣穴を中心にこの地に棲息する者たちは縄張り争いをしています。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-15 (日) 00:00:00 (720d)